2009年06月30日

介護のきっかけ・・・・パート7

今日のばあちゃんは、田舎で元気なようです。
しばらくは妹さんにお願いして、今までを思い出しながら綴りたいと思います。



********************************

では介護のきっかけ・・・・をちょっと分かりやすくまた一線を引いてみました。

>もう来る!と思うと、ソワソワソワソワと落ち着かない私が・・・・。<

いよいよ東京に到着し、「あと30分位で着くよ」の主人からの連絡に「チョ〜、心臓バクバク・・・」
「ごめんなさい、やっぱりできませんでした・・・」なんて言えないし・・・・。
緊張はマックス状態。

そして、マンションの下に到着。
いよいよじいちゃん、ばあちゃんが到着しました。
ストレッチャーで運ばれてくるじいちゃん。ばあちゃんは杖をつきながらゆっくりやって来ました。

リビングを通って6畳の洋間に2台のベッド。
ストレッチャーが玄関から入り、ベッドの横につけ民間救急の方と主人でじいちゃんを移動。

その後、清算。10万5千円。他社と比較すると6〜8万の差がありました。安かろう悪かろうじゃ問題外なんですが、とてもいい方々でした。ほんと大当たりでした。ほんとうに感謝でしたョ。

ここの瞬間から在宅介護がスタート。
じいちゃんの顔を見ると、生気がなく「一ヵ月もつだろうか?」という感じでした。それは主人も同じでした。
そして、あの気持がよぎる。「もし、一ヵ月二ヵ月位で亡くなっちゃたら、親戚の人に責められる?東京に連れて行くからだ!・・・・」なんて・・・・頭をよぎる。

そんな不安を抱えながら、「じいちゃん、東京に着いたよ。これからは東京で頑張ろうね!」って。

それからまずは、おむつ替え。
子供のおむつ換えは慣れてるけど、大人のおむつ換えは初めて。
でも、重いか軽いかの違いだから、そんなには苦労はしなかった。

が・・・・、この日の移動で肌の弱いじいちゃんはすでにお尻は赤く危ない状態。皮がめくれそう〜(^^;

その日は、体位移動をこまめに行い除圧を心がける。

夕方に到着したので、夕ごはんをイロウでおとすが、そのやり方などは主人が看護師さんから聞いてきてるので、私も教えてもらう。

イロウ時のベッドの角度は、じいちゃんが来る前に私が寝て、角度をそれぞれ試し、
「食事の時は何度くらいなら、胃や胸が苦しくなくいられるか・・・」「足を上げる角度は何度くらいだと、胃に圧迫を感じないか・・・」
「上向きで寝ていても、角度0だとちょっと苦しく感じるけど、3〜4度だとちょっとラク」
「何度が一番ラクな角度か?」など、前もって検証済み(^^v

しゃべることは、ほとんどできないじいちゃんでしたが、問い掛ければ少しは反応がありました。

病院とは違い、子供の声、台所で食事の支度をする音、家族の会話がじいちゃんには聞こえていたと思います。

こんな思いになるには理由がありました。
在宅介護にこだわる、私の体験。

また、明日に・・・。





posted by ほのの at 23:35| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

今のばあちゃんの居場所(介護のきっかけ・・・・パート6)

昨日、無事に一周忌を終え帰ってきましたが、疲れたぁ〜(^^;

主人の実家の地域では、お寺での法要を済ませると、ホテルでの会食。そして袋一杯の引き出物?地域によって色々しきたりがありますねぇ〜。

一周忌を無事に終え、ばあちゃんは以前住んでいた家に実の娘(独身・私より4つ上)が住んでいるので、そこで7月18日頃までお世話になり、東京に帰ってくることになりました。

ばあちゃん達の住んでいた地域では7月のお盆の為、迎え火、送り火までして帰って来てもらおうと思って・・・・。

でも心配なのが、実の娘との親子喧嘩と、カテーテルを抜いちゃうこと(^^;

今年1月も、お正月だけということで娘さんのところに行ってたんだけど、ばあちゃんが昔の学友とのクラス会をするとかで、「もう少し東京に帰るのを延ばしてほしい」と・・・・。

そこからは、予定の変更!!
ケアマネに連絡して、デイや訪問看護、ヘルパーさんキャンセルを・・・。もう、予定をしていた事業所には申し訳なくて・・・・。

かと思えば、娘さんと喧嘩して主人に「もう帰りたい」って。

それに加え、1週間に3回もカテーテルを抜いちゃうことも・・。
田舎に帰るまでは導尿をしていたので、慣れないということもあっただろうし、何よりも「おしっこの袋を提げていることが恥ずかしい」と抜いたり・・・・。

病院に行くように言っても、行かなかったり・・・。娘さんも時々しか一緒に行ってくれないので、もうヤキモキするばかりで・・・・。
東京にいなくても気が休まらないのです。

そして、カテーテルを何度も抜いた時、田舎の病院から電話かかってきて、「カテーテルを入れて3日ともたないで抜いてしまいます。尿道の傷口からの感染症が怖いのでもうカテーテルはもういれられません。どうされますか?」と・・・。

ちょうどその時、我が家の8歳の息子がインフルエンザにかかっていたので、その旨も説明するもまた毎回言っても抜いてしまうので、やはり結果は「感染症が怖いので・・・・」ということで入れてはいただけなかったです。

その後は導尿しか道はなく、実の娘さんは最初から「導尿は私にはできない」と言っていたので、やり方は知らないし・・・。私の頭はなにかいい方法はないかとクルクルクルクル回ってました。

私だって、息子のインフルエンザがうつってるかも知れないし・・・。
でも、娘さんのところにいたところで、どうしようもないので、東京に帰って来てもらうことにしました。

こんな事があったので、今回もちょっと心配。
でも、なるようにしかならないから、余計な心配はしな〜い!ことにしよっ。

********************************
では介護のきっかけ・・・・をちょっと分かりやすく一線を引いてみました。

>確かじいちゃん、ばあちゃんが来る前々日まで仕事して、その後2週間の休みの間に慣れなくてはいけない状況だったような気がします。

じいちゃん、ばあちゃんを引き取る日が近づいてくると、大丈夫かな?と思う不安と東京に来て一ヵ月くらいでもし亡くなってしまうことがあったら、親戚になんて言われるだろう?なんて不安もあったなぁ〜。

じいちゃん、ばあちゃんの出発の日は11月15日。

当日は、私は東京で受け入れのために待機。
じいちゃんの入院先の看護婦さんとは、移動にあたっての食事の時間の調整等を行い、迎えの民間救急車の件、介護にあたっての注意点を電話のやり取りだけで行い、15日当日に主人たちが看護師さんからイロウのやり方や口腔ケアなども聞いてきてくれました。


そして、いよいよ11月15日の出発の日。
主人と弟さんで病院での指導を終え、いよいよ出発。

民間救急車には看護師さんも同乗してもらい、東京まで来てもらうことに。
そして、いよいよ出発・・・。

もう最後になるかもしれない、生まれ育った町。
最後にじいちゃんが伊勢エビ漁をしてきた海を見せてあげたくて、民間救急車の方にお願いして、海を見に廻ってもらいました。

主人 「おやじ、海だぞ!わかるか?」しばらく、海を眺めさせてあげ、

主人 「おやじ、もういいか?」の問いかけに、じいちゃんは軽くうなづいたようです。

そして、出発。
民間救急車にはじいちゃん、ばあちゃん、主人の妹さん、看護師さん、運転手の方。
主人と弟さんは車で、後ろから・・・・。

海ほたるで、一時休憩。看護師さんがついているので、移動の間は何の心配もありませんでした。

それよりも、もう来る!と思うと、ソワソワソワソワと落ち着かない私が・・・・。




posted by ほのの at 23:43| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

ばあちゃんは、今?

今日、ばあちゃんは家にいない。
えっ!またショートステイ?
いえいえ、実はじいちゃんの一周忌のため田舎に一時帰ってます。
私たちも、明日土曜日の早朝には田舎に行きま〜す♪

じいちゃんが亡くなって、もう一年。あっと言う間でした。
最後は家で眠るように亡くなりましたが、家族皆後悔も悔いもなく「じいちゃん、ありがとう」って・・・。
涙あり、笑顔ありの最後でした。

亡くなる前、3週間は毎日訪問医、看護師さんが来てくれました。
まさに、ちょっと離れたナースステーションの在宅。
だから、安心して在宅を続けて来れたんだと思います。

最後は、口からも吸引が難しく、鼻からの吸引も。
私は、もしそこでむせて呼吸が乱れ、呼吸ができなくなったらどうしよう?とすっごい不安だったけど、訪問医の先生から「確かに吸引が引き金になることもあります。だけど、○○さん(私)が責任を感じることはないですからね」って、念を押して言ってくれたこと。
安心したというか「腹が据わった」って感じでした。

そこからは、まさに「おくりびと」!
この話は、また「介護を始めるきっかけ・・」で綴りたいと思います。

今日は、ちょっとしんみりしちゃいました(^^;

とりあえず、来週月曜日まではお休み?しま〜す。






posted by ほのの at 23:08| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。