2009年06月19日

ショートステイ先から電話が!!

今日は仕事が休みのため、お掃除中!電話が・・・・!

ショートステイ先から(☆0☆)
どうやら、留置カテーテルが抜けてしまったよう(^.^;

ショートに入る一日前にも抜けてしまって・・・・。バルーンは膨らんだまま抜けても痛みは感じないよう。泌尿器の先生も「尿道自体がゆるんでいて、普通の人より痛みは感じないと思う」とのこと。

とりあえず、ショート先で看護師さんに入れてもらうことに・・・。

この後は、抜けないことを祈ってる!お願い!

posted by ほのの at 11:28| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護を始めるきっかけを我が子供達に書きとめて・・・・パート3

今日は仕事でした。
以前は、朝7時半に出て夕方6時半頃に帰って来ていた頃を思えば、今は8時半に出て、5時過ぎには帰って来れるので、とっても楽になりました。

でも、今はばあちゃんがいないのになんだか体が疲れてる〜(T_T)
多分、気が抜けたのかな?

まぁ〜、しょうがない。

昨日の続きを書きたいと思います。
>ここからまた、劇的な人のつながりが見事に花開いた状況を生んだのです♪
主人の反対というのは、私に負担をかけられないと言う思いやりの反対でした。
でも、私はきっと後で後悔すると思ったんです。
それからは、主人にも納得してもらえるだけの情報とデーターをすべて用意!

仕事を終えてからの、パソコンとにらめっこ。
その時のじいちゃんは、鼻からチューブで栄養を摂ってましたが、その後イロウにすることになっていたので、イロウをしていても受けてくれるデイサービスを見つけることがなかなかできなかったんです。

スタートの基本は、「私が働きながらの介護ができるサービスの確立」。
子供にまだまだ教育費がかかるので、「介護だけ」と言うことは最初から頭になかったです。
ネットで調べ、知人にも色々教えてもらいながら調べるも、やっぱりない。
諦めかけた時、長女、二女が地域の阿波踊りでお世話になっていた(小学校のRTAでもお世話になった)方に相談に行ったところ、「ホスピス緩和ケアの第一人者で在宅医の先生が、隣の市で施設をオープンしてまだ1、2年よ。あそこはいいとろころよ!」と教えてもらい、ネットで調べて「ここならイケるかも!」と・・・。
その日の夕方すぐに電話。
対応してくれた方の声を聞いてピン!ときた。「ここだ!」

要介護5のじいちゃん、要介護3のばあちゃん同時にデイサービスに通えることが可能に。めちゃめちゃうれしかったぁ〜。
まず一つクリア!
そこから、ケアマネージャー探し。

地域の包括センターでも、私の意気込みを聞いてもらったのですが、みなさん「無理でしょう〜」っていう顔をされ、別な事業所探し・・・

そこで、知人に今のケアマネージャーがいいよと紹介してもらいました。また一つクリア!
実は、以前息子が保育園に行っている時に、何度か送り迎えをお願いしたことがある事業所のケアマネージャーさんで、偶然にもやっぱりご縁があるんだなぁ〜って、これまた感謝でした。

そして、ヘルパーさんはそのケアマネージャーさんの事業所でお願いすことになり、また一つクリア!

そこからは、月曜〜金曜までの間の組み立てをケアマネージャーと一緒に組みながら、どうにかイケそう!ヤッター!って感じでした。

次は肝心な、移動手段。

車で3〜4時間位の移動。
民間救急車は色々あるけど、ネット上のこと。どこまで信用できるか不安。
何件も電話し声を聞き、ネットの画面から「ここは大丈夫だろうか?」と神経を使いまくり・・・・。

そして、十数件目。いつも同じ方が電話に出る。どうやら、独立してされているよう。声からも、「この人なら大丈夫」と思えたので、見積もりをお願いし、依頼することになりました。

今日は、ここまでで・・・




posted by ほのの at 00:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。