2009年07月22日

働きながら、子育てしながら、家事をしながらできた介護・・・パート4

今日も、ばあちゃんはデイ。朝から、

ばあちゃん 「化粧ポーチがない」

私     「どこかに入ってるよきっと」

ばあちゃん 「でも、ない・・・・」

私     「・・・・・(^^;」


6畳がばあちゃんの部屋。タンスは置かず、クローゼットの中に衣装ケ

ースを10箱と棚、そして服を掛けるクローゼット部分。あとは看護師

さんヘルパーさんが使用する、小さな棚とベッドとソファーが置いてあ

るだけ。物が少ない中でいつも無くなる。そう、衣装ケースの色んなと

ころに入れてるから・・・・。


ばあちゃん 「何で無くなるのかな?」

私     「そのうち、ひょっこと出てくるよ」

ばあちゃん 「そう〜」

時々、一緒に探すと、出るは出るは色んな物が・・・・

使用済み紙パンツ、お菓子の袋、便のついた下着、便のついたティッシ

ュが枕の下から、冬はみかんの皮も・・・・(^^;

臭うと思った。でも、何も言わずに片付けてしまいます。言ったところ

で、ばあちゃんはいやな思いが残るだけだから・・・・。

その臭いを散らすのに、大変ですが・・・。

とりあえず、今日も元気で過ごせました。

夕食を食べ終えて、

ばあちゃん 「今日も楽しかったぁ〜。おなかもいっぱい、全部食べちゃった」

私     「よかった、よっかた。あとで、すいか食べようね♪」

ばあちゃん 「わぁ、うれしい〜」

と言ったところで、手が胸元も当たりガサガサ音がする・・・

ばあちゃん 「何だ?ゴソゴソゴソ・・・・」胸元からポケットティッシュ1つが・・・・。 

それをポケットに入れるかと思ったら、ウエストのゴムのところに挟ん

で自慢顔。なんとも誇らしげです。


********************************

働きながら、子育てしながら、家事をしながらできた介護・・・パート4

>ばあちゃんには、慌ただしい日々を送らせてしまうことが悪いなと思いながらの毎日でした。


ほんと、毎日バタバタで申し訳ないなと、いつも思ってた。

初めてのお正月を過ぎた1月4日頃、次女(当時中学3年)がおたふく

から髄膜炎に・・・(^^;


そこで、じいちゃんのイロウと除圧が問題。意識もモウロウとしている

我が子を病院に一人にしておくのも心が痛く・・・。

翌日から急遽、訪問看護とヘルパーさんに夕方も毎日入ってもらうもの

の、毎月の介護保険内に収まらず、時間以上でたものは自費。


その自費分を少なくするには、訪門看護の時間を短縮するしかない。1

時間数日入ると、自費分がすごくなるので、せめて30分とケアマネと

と話し合いました。


そのためには、いつもイロウを1時間から1時間半くらいでおとしてい

るものを、寒天で固めて特大の注射器で注入してもらうことにした。作

るのに手間はかかるけど、そんなこと言ってられない。

でもいい点もあり、むせ返りが少ないかな・・・・。

とにかく、必死だったなぁ。



ショートに行けるように考えておけばよかったのに、毎日が忙し

すぎて、ショートを考える暇がなかったように思います。

次女は10日程で退院したものの、頭痛も取れず食欲もないため学校に

お粥を持参して行ってました。退院1ヵ月後には高校の入学試験を控え

ており、体調は悪い、じいちゃんばあちゃんのことで私も疲れきってし

まい、ばあちゃんには申し訳ないけど、主人の妹さん(未婚、ばあちゃ

ん達が住んでいた家に住む)に少し預かってもらうことにした。


ただ、私が仕事に行くとじいちゃんが一人になるので、このたびは私の

実母にお願いして来てもらいました。私が仕事を続けていたので、一家

総出の介護になってしまいました(^^;


でも、久々にこの間はとても落ち着いた生活だった。朝から、フローリ

ングの尿を拭かずに会社に行けたので・・・ばあちゃんには失礼だけ

ど、ほんとおむつのパッドだけでもしてほしいとず〜っと思ってまし

た。家中がおしっこ臭かったですからね。



家族に何かあった時、さっと入ることのできる施設の準備もしておかな

くてはいけなかったなと、つくづく思う。これは今でも言えること。私

も不死身ではないし、子供に何があるかわからないし・・・。最近やっ

とショートを利用するようになたものの、初めのうちは、まるっきりシ

ョートなんて考えも浮かんでこなかったな。やっぱり忙しすぎ

た・・・。


posted by ほのの at 21:57| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働きながら、子育てしながら、家事をしながらできた介護・・・パート3

今日は、ばあちゃんはデイ。

朝からデイの準備をしようと頑張ってます♪

お着替えも一式用意するんですが、2枚も3枚も同じものが・・・。

自分で用意した一式を見て。

ばあちゃん「これは何?」

私    「ばあちゃん今、用意したお着替えだよ」

ばあちゃん「知らない。私が用意した?」

私    「そう・・・・」(^^;

デイのお迎えまで、あと30分くらいあったので、

私    「テレビ観とく?」

ばあちゃん「そうしようかね。でも、着替え用意しなきゃいけないでしょ?」

私    「ばあちゃん、もう用意したよ」

ばあちゃん「あーそー」

こんな会話が繰り返される朝です。

********************************

働きながら、子育てしながら、家事をしながらできた介護・・・パート3

>精神的にきつかったのは、母の方でした(;_;)認知の初期の初動にイライラしてしまう私でした。やっぱり、時間がなかったから

ばあちゃんが東京に来た頃、今のようなカテーテルはつけてませんでし

た。

ただ、尿がいつも漏れていて、臭いが強烈だったんです(失礼)

なので、おむつのパッドをするように勧めても、トイレットペーパーを

クルクル丸めて挟めてあったり・・・。

それもいつもビショビショ。毎朝、パジャマのズボンもビショビショ。

どんなに言ってもだめでした。


ばあちゃんが朝トイレに行く時も間に合わず、ベッドからトイレまでお

しっこがボタボタボタボタ・・・。

トイレ周りはビッショリ。

朝7時半には家を出る私は、時間との戦いの中、ばあちゃんの尿の処理

に悪戦苦闘していました。

ちゃんと拭かないと、臭いが家中すごかったんです。

「お願いだから、パッドだけでもして!」と心の中で、イライラでし

た。

でも、ばあちゃんには怒ったり、強く言ったりはしなかったです。

なぜなら、実父が小さい時から「自分がされて嫌なことは、人には絶

対するな」とよく言われていました。

だから、自分が言われて嫌な思いになる言い方はしないように心がけて

いたんです。

思ったことを言えればスッキリ!するんでしょうが、ばあちゃんに言っ

たところで何もいいことはなく、「言われて嫌だった」という思いだけ

がの残るんだろうなって。


この頃は、お弁当2個を作ってました。

デイのない日は、ばあちゃんのお昼も作るとお弁当は3個。だからほん

とうにバタバタでした。


ばあちゃんが朝起きるのも、私が家を出る寸前。

ばあちゃんには、慌ただしい日々を送らせてしまうことが悪いなと思い

ながらの毎日でした。
posted by ほのの at 00:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

働きながら、子育てしながら、家事をしながらできた介護・・・パート2

昨日は朝から仕事。

仕事に行く前にばあちゃんの尿を捨て、食事。

薬はいつものことながら、覚えてない。

昨日は、末っ子長男がいるのでお願いして仕事に行きました。

特に何事もなく無事な一日でしたm(__)m


ではでは・・・・・

************************************

働きながら、子育てしながら、家事をしながらできた介護・・・パート2

2007年1月。じいちゃん、ばあちゃんが来て初めてのお正月を迎え

我が家の子供も含め、孫が5人勢ぞろい。

この頃のじいちゃんは、言葉もほとんどなく問いかければうなずきがあ

る程度。

調子のいい時は、何かをしゃべろうとするものの「解らない!」(;

_;)


何度か聞くものの2,3度はじいちゃんもしょべろうとするけど、一生

懸命口の様子から読み取ろうとしてもやっぱり解らない(;_;)

するとじいちゃんは、しゃべることを諦めました。

私も主人も言いたい事を理解しようと、必死で読み取ろうとしても「解

らない・・・」(;_;)

じいちゃんの気持ちを思うと、辛かった。ほんと辛かった(;_;)

介護を始めて2ヵ月もたたない頃でしたが、自分の意思で手足を動かせ

ることもできず、かゆいところも自分でかくこともできないだけに、余

計に痛いところ、かゆいところがないか気にかけてました。

時には、耳垢のお掃除も♪そして鼻も綿棒で時々ホジホジです♪

とっても嫌がりましたが、ほっておくと溜まり放題になっちゃう

し・・・。

じいちゃんは東京に来た当初の生気のない顔から、だんだんと生気のあ

る顔へと変わっていきました。いっぱい、いっぱい耳元で話しかけ、

時間のある限り色んな出来事、天気、ニュースなど話しました。


じいちゃんの介護は働きながらだったので体はきつかったけど、精神的

には辛いことは何一つなかったなぁ〜♪

精神的にきつかったのは、母の方でした(;_;)認知の初期の初動に

イライラしてしまう私でした。やっぱり、時間がなかったから(;_;)







posted by ほのの at 10:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。