2009年08月26日

1週間の予定

今日もばあちゃんは、デイです晴れ

昨日もデイだったのですが、デイでお風呂に入るので持ち物はなるべく

自分で用意してもらうようにしていますが、なかなか用意できません。

持ち物は、「肌着、短いパンツ、長パンツ?、ブラ、靴下」これだけな

んだけど、長パンツが3枚だったり、肌着を2,3枚用意したり・・・。

用意するものをゆっくり伝えるんだけど、今度から用意するものを書い

た紙を用紙しておこうかな?と思いますひらめきひらめき



***********************************
働きながら、子育てしながら、家事をしながらできた介護・・・パート10

>おじさん、おばさんに感謝、感謝、感謝、感謝の新たなスタートです

この時、お願いする前におじさん、おばさんに書面を渡しました。


内容は「おばさんに来てもらってる間におじいちゃんの体調の変化等、

何があっても、責任を問いません」と言う内容で署名、捺印しおじさん

おばさんに渡しました。


そして、部屋の鍵をずーっと持っててもらい、自由に出入りしてもらえ

るようにしましたパスワードパスワード


あと1週間の予定を月曜から金曜までの予定を書き出し、おばさんに家

に入ってもらう時間の確認わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


今日は、その頃の予定表を添付しま〜するんるんるんるん

1週間の予定.xls

みんのお陰で回った介護でしたるんるんるんるん
posted by ほのの at 10:09| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

「運命の人」のひと言

昨日は、一日暑くてばあちゃんのお散歩にも行けず・・・

私「少し横になってお昼寝する?」

ばあちゃん「いやぁ〜、眠くないからいいよ」

私「でも、夕方寝るより今少しでも横になっとく?」

ばあちゃん「眠くないから、じゃ横にだけなるわ」と・・・

そして、お昼寝タイム・・・・眠い(睡眠)眠い(睡眠)

結局2時間寝ましたぁ〜

まぁ〜、「あまのじゃくだから・・」って、主人がよく言ってたっけ・・・


**************************************

では
働きながら、子育てしながら、家事をしながらできた介護・・・パート9


>運命の人、登場です

介護が始まって、9ヵ月の頃。

ケアマネから

>ばあちゃんを、「月に1/3でも半分でも千葉の妹さん(主人の)に

看てもらってはどうか」と言うアドバイス。

これには、やはり私がフルタイムで働きながらの介護で、父同様に母に

結構手がかかることをご存じのケアマネやヘルパーの責任者だからの、

アドバイスだったと思います。

あと、主人の妹さんからの言葉による私のダメージの酷さをご存じだったから・・・・たらーっ(汗)

でも、ばあちゃんがいないとなると・・・・の様子はパート8で書いた
内容でした。

そこで、お金も結構かかった3ヵ月でしたが、月決めでの料金を色々考

えたりしながら、知人や友達ともまたまた立ち話。

私は近所の商店街に買い物に行くと、必ず色々話しをて帰ってきます(やっぱり関西人わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

そんな中でも、近所のお肉屋さんのおじさん、おばさんとは特によく話

をしていました。

またそこのお肉がおいしくて・・・・。でも、元々お肉をよく食べる私

たちではなかったので、買いに行くのは時々でしたが・・・。

そんなありふれた、「お店の人」と「お客」の関係が10年程続いてい

たのですが、介護を始めた私の体をおじさん、おばさんはとても心配し

てくれて、状況をいつも話しアドバイスをもらったり・・・


時には「妹さんからいやなことを言われても、ナスやキュウリがなにか

言ってるなぁ〜って、右から左に聞き流しなさいねるんるんるんるん

「まともに聞いてるあなたがおかしくなっちゃうよ」なんて言ってくれたり・・・・。

そんな時、このお店のおばさんが「何か私で手伝えることがあれば言っ

て」と言うことを、会うたび会うたび言ってくれていました。


言ってくれるだけでもありがたかった黒ハート黒ハート

ばあちゃんのいない間、友達に来てもらいその支払もかさみ、私は一度

おばさんに思い切ってお願いしてみることにしました。


でも、お願いするからにはお金は支払うことを前提に。

友達のように支払うのは厳しいので、月決めで3万〜4万で

お願いしてみようと決意し、お願いに上がりました。


まず、順番としておじさんに承諾を得るため・・・・

私「おじさん、おばさんにお願いしたいことがあって、直接聞いてもいい?」

おじさん「いいよ、聞いてごらんるんるん

私「ありがとう」


そして、いよいよおばさんに・・・・

私「おばさ〜ん、実はお願いしたいことがって・・・」

おばさん「どうした〜るんるん

私「今、ばあちゃんが田舎に帰っていて、月に2/3は千葉、1/3は東
京なんだけど、今は私の友達に来てもらってるの。それでおばさんにもしお願いできたらと思って。もちろんお金は支払わせてもらいたいんだど・・・」

おばさん「いいよ、行かせてもらうよ黒ハート

私「え〜〜〜、ありがとう〜〜」

おばさん「でもね、お金を支払うって言うんだったら、私は行かないよ」

私「でも、申し訳ないから・・・・ダッシュ(走り出すさま)

おばさん「私たち(おじさん、おばさん)はお店をやってきて、たくさんの人に助けられてね。そのお返しを私はあなたのおじいちゃんを通して返させてもらうから・・・わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

・・・どこかで聞いたようなexclamation&question

私「でも、悪いしぃ〜。どうやって私は、おばさんに恩返したらいいかたらーっ(汗)

おばさん「恩を受けた人には、恩は返せないようになってるから・・アハハハハァ〜るんるんるんるんるんるんあなたができる時に、困った人にしてあげなさい」って。

私は素直に「ありがとうございます」とお礼申し上げて、これからの時

間などの細かい事を伝える準備をしました。


このような話は以前にも出てきましたが、このお二人の共通点は何もな

く、もちろん宗教にも関係なく、知人でもなく、何かの教え受けている

と言うこともないようで・・・。


共通点と言えば自営業exclamation×2

でも職種は全然違うしexclamation&question

ともあれ、ありがたく引き受けていただきまた新たなスタートでするんるんるんるん


このおばさんこそ「運命の人」ぴかぴか(新しい)

終わりの見えない介護のお手伝いを快く引き受けていただき、私はフル

タイムでの仕事を辞めずに、継続できることに感謝し、おじさん、おば

さんに感謝、感謝、感謝、感謝の新たなスタートです揺れるハート揺れるハート

続く


posted by ほのの at 08:27| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

遠距離介護を教えてくれた人

昨日の夜、友達にちょっとした物を渡しに次女と一緒に出かけました。

その友達は、遠距離介護の経験を教えてくれた人なのです。

あれは、5年程前。

関西人の私は(別に関係なかも・・・)買い物途中や仕事の帰りでも、

友達と会うといつも話が弾んでしまうるんるんるんるん

それも、30分とか1時間くらい・・だから家族はたまらないダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)


でも、この立ち話が今回の介護のレールを引けるきっかけとなり、介護

の息抜き、私のなぐさめ?エールや元気、アイデア、考え方のアドバイ

スなどを沢山もらえていたのです。


この立ち話がなければ、今回の自分の中のテーマ

「どうせやるなら、楽しい介護わーい(嬉しい顔)」はできなかったと思います。


そこで、昨日の夜の立ち話での面白い話。

1つ目は

認知がでてくると、まともに話しをしていると家族はみんな腹がたって

くる。

友達の知人も本当にイライラが続き、もう駄目かも・・というところま

できて、「介護でたたいたりする人の気持ちが分かる」・・と。


「でも、今はまとに聞いていると腹が立つので、質問攻めよ・・」との

こと。

そうすると、「返ってくる返事が楽しみでね・・。それが面白くて、前

のようなイライラもなくなった」ようです。


私は「はぁ〜、なるほど」

  「でも、我が家のばあちゃに聞いても、分からない!覚えてない!

しか返ってこないしなぁ〜」なんて思いながら、回線の調子がいい時に

やってみようと思いました。

こんな話でも、一つのアドバイスとしてストックしておけば、何かの時

に役に立つexclamation


そして、もう一つ面白い話が・・

昨日の夜に会った友達のご主人は、お母さんが年いって生まれたらし

く、それも末っ子。

一番上の兄弟とは22歳も離れているから、昔から年寄りの?中で育っ

たと言っていました。


だから、とてもやさしくて中学?だったか小学生高学年だったかの保護

者会に来てくれたお母さんを教室の外で終わるのを待ち、帰りは自分の

自転車の後ろに乗せて帰ったということです。

なんて親思いの子供だったんだろうと思いました。

今もとてもやさしい旦那さまのようです揺れるハート揺れるハート

だから「お年寄りの言うことで腹をなぜたてるの?」とご主人は思うそうです。

変なことを言っても、まともに聞くことなく今で言うところの「スル

ー」または「右から左に聞き流す」って言う事を自然にできていたようですね。

でも、それをおもいしろい言い方で

「耳ちくわ」と言っていました。

あぁ〜、なるほど!

中、通り抜けぇ〜ぴかぴか(新しい)

思わず大笑いしてしまいましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

こんなちょっとした、アドバイスの貯金は一杯貯めました。

みんなに感謝です。

これからも止められない、立ち話ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

この立ち話には、沢山の情報と癒しを私にくれまするんるんるんるん

今日の夜には、運命の人について綴りたいと思います。

寝込まぬようにしようと思いながら、最近疲れて寝てしまってますたらーっ(汗)



posted by ほのの at 07:47| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。