2009年08月16日

行ってきましたぁ〜♪でも、泊まるところが・・・

行ってきましたぁ〜

墓参りと末っ子長男を海へ連れてぇ〜リゾートリゾート


でも、そこでまたまた大事件がむかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)


実は、ばあちゃんは11日から19日までショートに行っています。

ここ4年、じいちゃんばあちゃんの介護で子供をゆっくり海に連れて行

けなかったので、罪悪感いっぱいでお願いしました。

その間に、一泊で実家に泊まる予定でしたが・・・。


前日、主人から妹さんに「明日行くから」ということなど色々話しなが

ら10分程のやり取りをして、電話をきったのですが電話電話

次の日、実家に昼頃着き、荷物を持って家に入るなり妹さんが「泊まる

の?」とすごい激怒むかっ(怒り)

どうやら主人は前日に「泊まる」ということを電話で言い忘れたよう

ふらふらふらふら


なぜ、このような会話になるか・・・話せば長くなるんですが語りま

す。


実はお恥ずかしながら、実家の家はとてもきれいとは言えない状況。

私が3人目が生まれるまでは、実家に帰る時は必ず「漂白剤、ふきん、

バスタオル、タオル、雑巾」を必ず持参し、まずは冷蔵庫の中をきれい

にすること、台所付近をきれいに片付けをしてきました。

3人目が生まれてからは、体がきつくなってきて「あきらめ」というよ

りは、目をつむるふらふらふらふらふらふらようにしてました。


私自身、潔癖症でもなくただ部屋は散らかっていても掃除機さえかか

っていればいいのですが、それがそうではない状況。

もう、主人も限界に思えたらしく、2ヵ月前くらいからここ2回程の帰

省の度に、格安の旅館に泊まるようにしたのです。


そこまでしなくても・・・と思う方もいるかと思いますが、主人ですら

限界と思えるくらいなので、お察しいただければ

たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)と思います。


そこで、私に向けての義妹さんのちょっと心が痛い言葉の嵐たらーっ(汗)

私はどんなに言われても、今回は主人が「泊まる」ということを言って

なかったのがいけなかったわけで・・・。

私は「申し訳ありませんでした。ごめんなさい」と何度も謝りました。

それに主人の実家の傍に私の友達ができ(もちろん女性です)そのこと

でも腹が立つようでむかっ(怒り)

「その人のところにでも泊めてもらえば爆弾爆弾」とさえ言わ

れ、主人も怒りを超えてました。

我が家は介護のほかに、一番気を使わなければいけない人がいる。


今回、義妹さんからは「お嫁さんがちゃんと連絡するもんでしょ

むかっ(怒り)」と言われましたが、我が家は妹さんへの連絡は主人からする

というルールを主人から申し出てくれました。

それは、妹さんの言葉で私が落ち込んでしまい、涙・涙・涙と言うこと

が以前からあったからです。

緊急時は私からも電話はしますし、会えば普通に話はできますがわーい(嬉しい顔)

介護のことでの夫婦げんかちっ(怒った顔)

私の落ち込みふらふら

いっぱいの涙もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

義妹さんの言葉が原因だったからです。


今年の春にばあちゃんが腎盂炎になった時も主人が連絡し、経過を分か

るようにゆっくり話したところ、

「早く言いなさいよ、おちょくるんじゃないわよ!」と言われ、すべて

を話す前に妹さんから電話を切られてしまいましたバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

そんな事もあり、緊急時以外は主人が連絡するようにしたのです。


でも、不思議でした。今回の泊まりの件は腹が立たなかったです。

なぜなら・・・・。


これも介護経験者の自営のオーナーさんからの一言。

「嫌なこと辛いことを言われことで、今までの沢山のお陰様の借りを言

われ聞くことで少しも取ってくれると・・・」

「なるほどぉ〜exclamation×2

でも人間できてないので、腹が立たなくなるまでには時間が相当かかり

ましたがたらーっ(汗)


介護にまつわる色々なものが、介護を辛くすることもあります。

今回、義妹さんのことを色々書いてしまい、大変申し訳ないと思いま

たらーっ(汗)

でも、我が子達がもし嫁ぎ先での介護に直面した時、「お母さんも経験

してたな」って思えれば、「自分一人ではない」少しは冷静さを失わず

にいられるのではと・・・。

私はご近所の商店街の方から、「介護はまず身内でもめる」ということ

を聞いていたことで、「あ〜、やっぱり!」

と少しは冷静でいれたような・・・。


ただ、義妹さんも未婚で49歳?最後はどうなるか分かりませんが、最

後の面倒は看なくてはいけないかもしれないと言う覚悟は、少しづつ感

じてます。

今は、ばあちゃんの介護もありますが、義妹さんがどうにか幸せな人生

を送ってもらいたいと思っています。

どうにか、元気でいてくれることを祈ってますが・・・。

注)今は義妹さんに言われても、冷静でいられますが、以前は主人にめーいっぱい愚痴って、涙あせあせ(飛び散る汗)いっぱい流しました。


この経験を子供たちも見てきてるけど、書くことで子供達なりに後に感

じて思い出してくれると思います。

綴り残して参考にしてもらうことがあればなぁ〜って黒ハート黒ハート

今日は、暗い話ですみません

また、パート8は明日以降に綴りま〜するんるんるんるんるんるん


*結局宿泊場所は、砂浜で携帯から検索して民宿でしたが空室をみつけ泊まってきました黒ハート黒ハート




posted by ほのの at 22:31| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。