2009年09月23日

すっぽんの赤ちゃん捕まえてきちゃったぁ〜

シルバーウィーク最終日、我が家はのんびり過ごしましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

ばあちゃんの保険証(後期高齢者・・)はまだ見つからないらし

い・・・というより、義妹さんまだ探してないらしいふらふら


私は「保険証とそれを入れた肩から斜め掛けできるカバンを、申し訳ないですが、探してもらえますか?」とバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

義妹さん「う〜ん」たらーっ(汗)たらーっ(汗)

まるで子供と話してるみたいで・・・バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

取りあえずその場は電話を切り、主人から連絡してもらうことにしました。

実は、私が調子が悪くここ数日寝てました眠い(睡眠)眠い(睡眠)

実は、頸椎を2度痛めていて、疲れが溜まると頸椎周辺がかたくなり、

頭痛に吐き気、手のしびれ、唇のしびれが以前から何度かあったんですが、

ここ1ヵ月ひどかたんですたらーっ(汗)


脳の異常でないことは、長年の経験?から、頸椎からの手のしびれだとか、

頭痛だということは分かるので、内科に行っても診断は一緒です。

CT撮っても「脳はきれい」ですってかわいいかわいい


取りあえず、私の代わりは誰にもできないので子供たちのためにも、

ここは心を鬼にして、ばあちゃんを義妹さんにしばらくお願いしようと思います。

今日の電話では、

義妹さん「誰か迎えに来てくれるんでしょ?」

と帰る話になってましたが・・・ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)



頸椎を痛めてから、約6年。

それも2度むかっ(怒り)

1度目は笑っちゃいますー(長音記号1)ー(長音記号1)

くしゃみしたら首が動かなくなって・・・爆弾

くしゃみを我慢するような感じでくしゃみをしちゃたのがよくなかったんですねたらーっ(汗)

その日は横になって寝れないくらい激痛で大変でした。


2度目も笑っちゃいますー(長音記号1)ー(長音記号1)

じいちゃんがまだ生きてる時に、通勤途中急ぎ過ぎて、

2階建ての駐輪場の下りの階段を2段目降りたところでスキー

靴の先が階段のストッパーにひっかかり、頭から真っ逆さま遊園地遊園地

カバンを持っていたので、片手で全体重を支えてしまったのも良くなかったぁ〜。

その場は、通勤ラッシュで駐輪場に上がる人が数珠つながり。

恥ずかしくてさっさと立ち上がり、身なりを整えさっさと駅に向かい、

お昼ごろから頭がぼーっとしてきてからまた、

ひどくなったような経過でござりますバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


でも、じいちゃんがいる時は特に寝込むこたはなかったんだけど、

それ以降気が抜けたというより、それなりに気を使うことがあるのかな?


とにかく、今回は同時に血圧まで上がり、ここ数日寝てます。


今まで血圧はすっごく正常。

首からきてるのは分かってるんだけど、手のしびれ、

後頭部の痛みに吐き気で起きてられなくて・・。



でも、末っ子長男はどこかに連れて行ってあげなくてはならず、

主人が昨日は埼玉県の浦和にお気に入りの場所に。


それはザリガニがいっぱい捕れるところ。

昔、娘達が小学生の頃にも行ってザリガニ100匹ほど捕ってきた場所なんです。


その100匹は、近所の子供たちとザリガニ釣りをして楽しみました。

大きなケースにザリガニを入れ、タコ糸の先に餌のさきいかをつけて垂らし、

なんとも豪快に子供たちと私も一緒に遊びました。


でも今回は時期外れのため、捕れたのは4匹とすっぽんの赤ちゃん。


傍にいた親子連れに聞いたところ、「ここにはすっぽんがいるよ」ということ。


私が逃がしてあげれば良かったのにというと、

末っ子長男は「飼いたいんだもん」

脱走でもしたら・・・って考えたら、恐怖ですわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

TS3N012700010001.jpgTS3N012600010001.jpg




すっぽんって捕まえてきてもいいものなんでしょうかexclamation&question

明日から学校るんるんるんるん

またボチボチガンバですわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

主人が義妹さんに、なんて言ったかなぁ?
posted by ほのの at 20:40| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

働きながら、子育てしながら、家事をしながらできた介護・・・パート13  

今、義妹さんのところにいるばあちゃん。

ちょっと風邪気味だけど、どうにか元気にしているようです。

ただ今日の昼過ぎ、義妹さんから電話が・・・・がく〜(落胆した顔)

義妹さん「おかあさんに保険証持たせてくれた?バッド(下向き矢印)

私「主人から、お金と保険証を一緒に渡してもらったよグッド(上向き矢印)

義妹さん「ないのよねぇバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

私「ちゃんと渡してるけどぉグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

義妹さん「あーそー、、肩から掛けるカバンも持ってきてたよね?」

私「斜め掛けして、持って行ったと思うけどなぁグッド(上向き矢印)

義妹さん「じゃーどうしたんだろう?」

私「きっと、直しこんじゃったんだと思うけど・・・グッド(上向き矢印)

義妹さん「じゃー隠したのかな?」

私「いつものことだから、その辺にあると思うグッド(上向き矢印)

私は、その辺にあると思って、軽く流してしまいました。

義妹さんはアタフタしてましたが・・・・。

私「・・・で、何かありました?」

義妹さん「また、抜けちゃって(カテーテル)たらーっ(汗)

私「あらーバッド(下向き矢印)

義妹さん「今から救急外来に行ってこうようと思って・・」

私「すいません、お願いします」

またまたって感じですが、毎回抜ける度にアタフタしている義妹さんに

主人「(カテーテル)抜けるたび、病院に連れていくだけでも大変だ

ろ」とさとすようにいつも言ってます。



*********************************
前回、中途半端に終わってしまった続きで〜す

働きながら、子育てしながら、家事をしながらできた介護・・・パート13  (じいちゃんのおむつはがし事件の続き〜)

>この頃から、ケアマネとも「ばあちゃんとじいちゃんを二人きりにしない方がいいかも」
ということになり、千葉の義妹さんに月の半分〜20日くらい、

ばあちゃんをお願いするようになりました。


それは、主人から義妹さんに伝えられ

在宅が始まってから9ヵ月目からお願いすることになりした。


ばあちゃんが千葉に行っている時は

「運命の人」おばさんに家に来ていただき、

日中私が仕事でいない時はじいちゃんの傍にいてくれましたるんるん


ある日会社で昼食を食べている時、

携帯にばあちゃんから電話が・・・がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

ばあちゃん 「○○ちゃん(ほのの)、帰っていい?」と半べそ状態もうやだ〜(悲しい顔)

私 「どうしたぁ?グッド(上向き矢印)

ばあちゃん 「もう耐えられないもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

私 「えぇ〜?バッド(下向き矢印)

ばあちゃん 「○○子(義妹)に耐えられない・・・帰っていい?もうやだ〜(悲しい顔)

私「いいよ、帰っておいでわーい(嬉しい顔)

こんな事が何回かありました。

ほんと、ばあちゃんと義妹さんは相性が悪いみたですたらーっ(汗)たらーっ(汗)


でもそれからが、また大変。

その月の予定を変更ですダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

このうように突然ばあちゃんが帰ってくるとなると、

ばあちゃんだけを家に置いておくのもまた心配。

今より、今より認知とうつがあったので・・ふらふら

この頃は幻聴もあて、マンションを出て行く事もありました。


それからは、ケアマネと会社の帰りに早速連絡を入れ、

ばあちゃんのデイの空きがあるかの確認をし、変更してもらう。


この逆もあり、ばあちゃんが「帰りたい」と言うと、

ある程度はばあちゃんの希望通りにしてあげるようにしていたんですが、

これがまた私の大きなストレスになったんです。


それは、ケアマネとの月の予定の変更。

毎月毎月そんことで変更変更ばかり。

ケアマネはそのたびに各事業所に変更依頼。

申し訳ないことですもうやだ〜(悲しい顔)


そんな立場を考えると、辛くて。

普通の介護はこんなに変更変更なんてないのが普通ですもんね。

こんなところへの気遣いの疲れ?もあったりで、

ほんとしんどかったぁ〜。

でも、あの頃が今ではいい思い出ですかわいいかわいい







《世界でただ一つ》オリジナル野球用品とオーダー野球記念品の店。
posted by ほのの at 21:59| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

在宅3ヵ月頃の様子

ばあちゃんがいないのに、何だか忙しいダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

いないから忙しいのかなぁ?と思いながら、

日頃できない所のお掃除もしてま〜すわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

ばあちゃんは千葉で風邪ひいたみたいですがく〜(落胆した顔)

今日はお風呂はいらないほうがいいよ・・と言っておきました。

悪化しなけりゃいいんだけど・・・・・たらーっ(汗)

***********************************
なので、お久し振りにグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

働きながら、子育てしながら、家事をしながらできた介護・・・パート13  (じいちゃんのおむつはがし事件の続き〜)

パート12の時期以降、ばあちゃんはじいちゃんのイロウの速さの調節

をするところを時々触って、イロウが「止まってたり」「速かったり」

その頃の方が目が離せなかったふらふらふらふら

イロウ写真.jpg

↑↑ これは、在宅3ヵ月後の様子。

末っ子長男がまだ保育園の年長さんだった頃

じいちゃん、ばあちゃんの部屋にも小さなテレビがありTV

わざわざテレビをじいちゃんの傍で観る我が子わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

じいちゃんはしゃべることできなかったけれど、

目はかろうじて見え目

右耳だけは聞こえたので、孫が傍にいることはよ〜くわかってる揺れるハート揺れるハート

こういう光景を見たとき 

「あ〜、在宅でよかったなぁ〜」って。

病院だとじいちゃんがテレビ観たくてもしゃべれなかったし

体を何一つ自分の意思で動かすことができなかったから、

看護師さんに伝わらないたらーっ(汗)たらーっ(汗)


病室だと「シーン」とした中、天井だけを見つめる毎日だったと思うと、

ちょっと親孝行できたかな?って。


子供にも在宅で病人の年寄りがいることは、

ほんとよかったと思うわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

思いやりが自然と身についたなって黒ハート黒ハート


今日はしんみり・・・終わりたいと思いま〜するんるんるんるん









posted by ほのの at 21:21| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。