2009年09月08日

ブログが書けない心に・・・

久々の書き込みでするんるん

忙しかったのもありましたが、書ける心になれませんでしたバッド(下向き矢印)

「耳ちくわ」になかなかなれな〜い、自分がはがゆい。

そこで振り返り、働きながらの介護。

フルタイムで、要介護5の義父、要介護3の義母の介護をスタートさ

せ、1年7ヵ月後に義父が在宅で亡くなり、現在義母の介護。

今のほうがなぜだかしんどいバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

元々、仲はいい嫁姑でありました。

とは言っても時々、とてもきつい事を言うばあちゃん。

私は心が折れそうになることもありましたもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

そんなばあちゃんは、以前から人に何かを言われるのがいやで、自分で

も「家族にも上からものを言ってきた」と言うくらい・・・。


そんなばあちゃん。



食事の前の薬は毎度飲み忘れるんだけど、

「いただきま〜す♪」と言って食べようとするので、

「お薬飲んだ♪」と聞くと、

「今、飲むところ」「今から・・」と食べかけてるのに、ほんとがんこですむかっ(怒り)むかっ(怒り)

私は内心、「よっぽど言われるのがいやなんだなぁ〜」って。

日中は、カテーテルの管をベッドの手すりにかけソファーに座っての〜

んびり♪

管はまるで綱渡りのように「ピーン」っと張ってるぅ〜がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

そこで、しょうがなく

「管が抜けちゃうから、足元に置いとくよ」と言うと、また「ムッとする母」

私の言い方は、ほんと相手がいやな思いにならないような言い方をして

るんだけど、「言われることがいや」なばあちゃん。

このことは、私だけではなく主人にも。

昔から、宵っ張りの朝寝坊のばあちゃん

(自分でもまた主人も言うくらい)は夜はほっとくと12時でも起きて

テレビを観てますTVTV


でも、今はせめて10時には寝るように声をかけて

「もう、そろそろ寝ようか」

その言葉にも、

「まだ眠くないのに・・」と言う顔目

「いやなんだなぁ〜」と思うと、私はばあちゃんにかける言葉をいちい

ち考えながら言うようになってきたぁふらふらふらふら

そうすると、だんだんしんどくなってきて〜

これはいけないexclamation×2

心が病んでしまうと、必死にもがいていました。が解決せずバッド(下向き矢印)


そして先日、その心のモヤモヤが解消るんるんるんるん


私に節目節目で、考え方をアドバイスしてくれた、

自営業のオーナー(ご自身も介護経験あり)さんのお子さんの出産祝い

を持って会いに行きましたプレゼントプレゼント

そこで、涙涙の私にたらーっ(汗)

大きな木の話をしてくれました。


1本の大きな木は根っこに栄養がいき、だんだんと成長して幹もしっか

りとし青々とした葉をつける。


その葉が秋に落ち、その葉が土に落ちて枯れて土に戻りまた根っこから

栄養をとるというように、すべて循環しているように、人も同じなんだ

よと・・・


「旧は新を育て、新は旧を養う」

物事は循環して初めて、よどみなく流れるんだよ。

思わず「確かにぃ〜!」


人の体も、循環が悪くなると、その場所が脳だったら脳梗塞、

心臓だったら心筋梗塞・・・と確かに循環の悪さからくるなぁ〜と一

人、えらく納得しちゃいましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

「旧は新を育て、新は旧を養う」


確かに、当たり前の循環だなぁ〜って、えらく納得したら、ふっきれました。

この夏には義妹さんのきつ〜い一言から、もう凹んでしまい、

腹が立つというより、「どうして、そういう言葉がでるんだろうか?」

と思いましたが、こういうことも早く「耳ちくわ」

状態で聞き流せるようになれたらどんなにラクかなぁ〜

知人からも、「いやなこと、文句もすべて、そうですかぁ〜って笑って

聞き流してごらん」って黒ハート

いやぁ〜、中々出来ぬ技ですが、以前もアドバイスもらった

「介護するときに、沢山のお陰を親の介護を通して返す気持ちでしてごらん」

これを忘れてしまうくらい、凹んでました

もう、大丈夫になりましたが、浮沈みしながらボチボチいきま〜す♪
posted by ほのの at 12:11| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。