2009年10月17日

授業中の居眠りでの夢で・・・涙

久しぶりの書き込みです。

ばあちゃんは、まだ義妹さんにお願いしてます。

いつまでかは、まだ決まっていません。

でも、ここは甘えさせてもらおうと思ってますかわいい


実は昨日、私(ほのの)の次女(高3)の娘が授業中、

ちょっと居眠りをした時の話を聞きました眠い(睡眠)眠い(睡眠)

その内容は、じいちゃんがまだ生きている頃の毎朝の様子の夢を見たようで・・・・


毎朝、私はお弁当を3〜4個作り、じいちゃんの除圧、おむつ替え、

イロウ、デイの準備、顔拭きダッシュ(走り出すさま)

ばあちゃんを起こし、ご飯を食べれる状態までは自分で頑張ってもらい、

薬を飲ませてから、食後の薬も飲むように目の前に置き、

私は7時半に家を出て、その後は次女が末っ子長男(当時小1)と8時

に家を出るも、それは戦争のようなバタバタでしたー(長音記号2)ー(長音記号2)

デイに行くのに、車イスが通れるようにダイニングのテーブルを半分に

次女がたたみ通路を確保。


家を出るにも、靴を履く末っ子長男に次女は

「速くしなさい!」ってよく言っていたようです。


それもそのはず、夜寝るのがいつも遅くなってしまう末っ子長男は朝起

きれないのですもうやだ〜(悲しい顔)


私が仕事から帰宅するのが夕方6時半から7時位。

それから、おじいちゃんのおむつ替え、

イロウをして食事の準備をして寝かせるのがいつも10時半頃だったから。

本当は9時半頃には寝かせなきゃいけない年齢なんだけど・・・・ー(長音記号1)

そんな大変だったころを、授業中の居眠りの時に夢を見て、

「悪かったなぁ〜」って、

一人授業中に涙していたそうですもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

思い出せば出すほど、涙、涙、涙たらーっ(汗)だったようです。


娘も、あの時ほんと大変だったと言ってますが、

今は笑って懐かしむことができてますかわいいかわいい

やるだけやったという、悔いのない介護だったねぇ〜かわいいかわいいなんて・・

運命の人や友達にもお世話になり、

働きながらという介護ができたことは、ほんとうに感謝でした黒ハート黒ハート

でも、吸入が頻繁に必要になると仕事を辞めるしかなかったですね。

だけど、介護離職した会社の部署のトップから辞める時に

「働ける状況になったら、ぜひ連絡がほしい」と深々と頭を下げて言ってくれましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

ありがたかったですねかわいいかわいい

この言葉世の会社のお偉がたに言いたいですよね。

介護離職した後は、収入の不安。

でも、いつになるか分からないけど働けるようになったら戻っておいで

と言ってもらえたら、どれだけ不安が解消されたか・・ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

感謝でしたかわいいかわいい


ただ、私は息子のために2〜3年はフルでは働かないでおきたいと思っ

ていたので、お言葉だけ頂きました。


一番大変だったころの介護の思い出は、

家族全員にとって今はすべて笑顔で語れるいい思い出ですかわいいかわいい
posted by ほのの at 11:01| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。