2009年11月22日

介護遅刻?でも、合格!

実は昨日、次女の専門学校の合格発表がありましたぁ〜わーい(嬉しい顔)

結果はー(長音記号2)ー(長音記号2)

「合格!」

良かったぁ〜♪

実は美容の専門学校なんですが、

高校在学中の遅刻の日数にはとても厳しい学校なんです。


まだじいちゃんが生きている時、その後ばあちゃんの時も、

次女は私が出勤のため、その後を引き受けてダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

末っ子長男を8時に学校に出してくれんですが、

時にはグズグズしてたりあせあせ(飛び散る汗)

じいちゃんがいるときは車いすの通路を確保ダッシュ(走り出すさま)

ちょちょっと簡単に片づけて家を出ていましたが、

やっぱり遅刻を何回もしていましたあせあせ(飛び散る汗)


もちろん私も何回も会社を遅刻し、人事から注意も・・・たらーっ(汗)


確かに時間を守るということは社会人にとって、

学生であっても当然のことですからね。

だけど次女は欠席「0」

よく頑張った。


だけど、やはり面接ではつつかれましたー(長音記号1)ー(長音記号1)

当日、3回もの面接。

もちろん面接官はすべて違う人ー(長音記号2)


そこで校長先生の面接の一部・・・

次女曰く、前の人の面接内容が聞こえるらしいのですが、

それはそれは厳しい内容と厳しい言葉もあったようで、

さすがの次女も「ビビった!」と言ってましたー(長音記号2)


そして、校長先生に遅刻の理由をやっぱり聞かれたよう。

そこで答えた次女・・・

「介護をしながら、働く両親、そこで末っ子長男の朝の日々」を話したところを、面接官、校長先生は言葉を失ったようです。

筆記の試験のことよりも、遅刻の日数が一番ネックになっていたので、

面接を終えてからは、結果が出るまで不安で不安でしょうがなかったようです。

でも結果合格で、ほんと一安心ですかわいいかわいい

娘には、ほんとよく頑張ってくれたという気持ちでいっぱいです。

じいちゃん、ばあちゃんの在宅介護が始まってから次女は2回の受験を経験しました。

その都度ほんと大変で、「子育て・介護の難しさ」というより「大変さ」を実感しました。

周りにも「子育て・介護・仕事」をされ、体がクタクタという知人も多いです。

でも、子供にはお金がかかる時期、がんばるしかないのが現状です。





posted by ほのの at 11:00| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。