2010年02月18日

介護アルバム 8・9・10ページ

本日も、デイに行く前の様子。

この頃は、私は仕事でいないので、

ヘルパーさんがデイに行くための身支度をしてくれて、

デイの車まで、いっしょに付き添ってもらってましたかわいいかわいい


じいちゃんはいつも帽子をかぶり、寒い時期はピカチュウの毛布と一緒。
↓↓




マンションの玄関。たった2段の階段がきつかったダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

私がいっしょにいれば、スロープのレンタルも考えたんですが、

マンションの玄関に置きっぱなしになるので、

盗まれたらと思ったら借りられずにいました。

それとスロープを出したり閉まったりすることを思えば、

デイのお迎えのスタッフの方が

「ヘルパーさんと一緒に車いす降ろすから大丈夫だよ」と・・・・手(パー)


ほんと、御苦労かけてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

でも、スロープは盗難にあえば保険で対処できることを、

じいちゃんが亡くなってから知りました。残念ふらふら
↓↓




ヘルパーさんはデイの車を見送って、終了です。

私が仕事に行けたのも、ヘルパーさんの力は大きいですねかわいいかわいい
↓↓



じいちゃん、ばあちゃんが家にいる時は、

ヘルパーさん、訪問医、看護師さん、留守番の友達など色んな人が出入りするので、

家のドアのカギは開けぱなしにしていましたー(長音記号1)ー(長音記号1)

なので、大事なものを置いている部屋には鍵をつけダッシュ(走り出すさま)

家族の置き忘れなどで物が無くなった時、

人を疑わなくてもいいように、

「原因をつくらない」対策もしていましたかわいいかわいい

人が家に入るのもやっぱり気は使います。

入る方も気は使うと思いますが・・・・ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)


でもケアマネと細かく打ち合わせをし、

朝7時半〜夕方6時半頃までのケアを組み立て、

働きながらが実現しましたが、職場の人の理解もすごく助かりました。

一人でじいちゃん、ばあちゃんを看ていたらとっくにバテテいたと思います。

ほんと沢山の方々にお世話になりましたかわいいかわいい




posted by ほのの at 22:56| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

介護アルバム 6・7ページ

本日は、朝デイに行く前の様子。

この頃、私は7時半に家を出、子供も8時には家を出ていましたダッシュ(走り出すさま)

ヘルパーさんが来るまで1時間ー(長音記号1)ー(長音記号1)

信頼できたからこそ、安心してお任せできましたかわいいかわいい


着替えに最初時間がかかっていましたが、

だんだんとパジャマの着替えも厳しくなり、

浴衣すら着替えも厳しくなった頃もありましたふらふら

まるっきり、じいちゃんの体は自由が利かなかったので、

デイの送り出し、お迎えは男性ヘルパーさんにお願いしていました。


ベッドからの移乗に力使いますからね。


P6 7P.jpg


とっても頼もしい男性ヘルパーさんでした手(グー)手(グー)

今も時々、道で会うと「元気ですかぁ〜」なんて立ち話かわいいかわいい

今も、感謝は忘れませんわーい(嬉しい顔)


posted by ほのの at 10:18| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

介護アルバム 4・5ページ目

本日、デイのスタッフの方のピース写真手(チョキ)

デイが終わり、その後のお掃除の時にお邪魔したので、

スタッフ全員の写真は撮れなかったのですが、みんな明るい方ばかり・・・・かわいいかわいい






この写真は、よくばあちゃんが座っていた席わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

みんな一緒に何かするときは大きなテーブルに集まるんですが、

お気に入りの席でもありましたるんるんるんるん

東京なのに、緑が多い場所です。かわいい


p5.jpg


要介護5のじいちゃん、要介護3のばあちゃんが、

一緒に行けるデイがなかなか見つからなかったけれど、

ケアタウン小平でやっと受け入れていただけることになった時には、

涙涙でしたもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)


重度の方々も受け入れていただけるには、

訪問医、訪問看護、デイ、ヘルパーさんが一つの建物に統合された、

施設だからこそできたんだと思います。


例えば、朝じいちゃんの調子が悪く、休む程ではないけど今ひとつの時、

デイで主治医に採血してもらったり、デイでの対応が可能であったことは大きかったです。

こういう施設が、沢山出来ると在宅介護家族にとっては、

安心できると思いました。



この介護アルバムは、じいちゃん、ばあちゃんを引き取ってから、じいちゃんが亡くなるまでの東京での様子をまとめたものです。
突然寝たきりになり、東京に来た義理の両親。
千葉の実家の近所の人、親戚の人、知人友人には、東京に行っている間の介護の様子は全く想像がつかず、一般的に暗い、寂しいイメージの介護。
でも、東京では沢山の方々にお世話になりながら、明るく、過ごせたよ♪
寂しい思いはしなかったよ♪と、いう事が分かれば安心してもらうるかな?と思い作成しました。
これは、お通夜(東京)、四十九日(千葉)の時に見ていただき、みなさん安心していただきました♪

posted by ほのの at 08:31| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。