2009年06月29日

今のばあちゃんの居場所(介護のきっかけ・・・・パート6)

昨日、無事に一周忌を終え帰ってきましたが、疲れたぁ〜(^^;

主人の実家の地域では、お寺での法要を済ませると、ホテルでの会食。そして袋一杯の引き出物?地域によって色々しきたりがありますねぇ〜。

一周忌を無事に終え、ばあちゃんは以前住んでいた家に実の娘(独身・私より4つ上)が住んでいるので、そこで7月18日頃までお世話になり、東京に帰ってくることになりました。

ばあちゃん達の住んでいた地域では7月のお盆の為、迎え火、送り火までして帰って来てもらおうと思って・・・・。

でも心配なのが、実の娘との親子喧嘩と、カテーテルを抜いちゃうこと(^^;

今年1月も、お正月だけということで娘さんのところに行ってたんだけど、ばあちゃんが昔の学友とのクラス会をするとかで、「もう少し東京に帰るのを延ばしてほしい」と・・・・。

そこからは、予定の変更!!
ケアマネに連絡して、デイや訪問看護、ヘルパーさんキャンセルを・・・。もう、予定をしていた事業所には申し訳なくて・・・・。

かと思えば、娘さんと喧嘩して主人に「もう帰りたい」って。

それに加え、1週間に3回もカテーテルを抜いちゃうことも・・。
田舎に帰るまでは導尿をしていたので、慣れないということもあっただろうし、何よりも「おしっこの袋を提げていることが恥ずかしい」と抜いたり・・・・。

病院に行くように言っても、行かなかったり・・・。娘さんも時々しか一緒に行ってくれないので、もうヤキモキするばかりで・・・・。
東京にいなくても気が休まらないのです。

そして、カテーテルを何度も抜いた時、田舎の病院から電話かかってきて、「カテーテルを入れて3日ともたないで抜いてしまいます。尿道の傷口からの感染症が怖いのでもうカテーテルはもういれられません。どうされますか?」と・・・。

ちょうどその時、我が家の8歳の息子がインフルエンザにかかっていたので、その旨も説明するもまた毎回言っても抜いてしまうので、やはり結果は「感染症が怖いので・・・・」ということで入れてはいただけなかったです。

その後は導尿しか道はなく、実の娘さんは最初から「導尿は私にはできない」と言っていたので、やり方は知らないし・・・。私の頭はなにかいい方法はないかとクルクルクルクル回ってました。

私だって、息子のインフルエンザがうつってるかも知れないし・・・。
でも、娘さんのところにいたところで、どうしようもないので、東京に帰って来てもらうことにしました。

こんな事があったので、今回もちょっと心配。
でも、なるようにしかならないから、余計な心配はしな〜い!ことにしよっ。

********************************
では介護のきっかけ・・・・をちょっと分かりやすく一線を引いてみました。

>確かじいちゃん、ばあちゃんが来る前々日まで仕事して、その後2週間の休みの間に慣れなくてはいけない状況だったような気がします。

じいちゃん、ばあちゃんを引き取る日が近づいてくると、大丈夫かな?と思う不安と東京に来て一ヵ月くらいでもし亡くなってしまうことがあったら、親戚になんて言われるだろう?なんて不安もあったなぁ〜。

じいちゃん、ばあちゃんの出発の日は11月15日。

当日は、私は東京で受け入れのために待機。
じいちゃんの入院先の看護婦さんとは、移動にあたっての食事の時間の調整等を行い、迎えの民間救急車の件、介護にあたっての注意点を電話のやり取りだけで行い、15日当日に主人たちが看護師さんからイロウのやり方や口腔ケアなども聞いてきてくれました。


そして、いよいよ11月15日の出発の日。
主人と弟さんで病院での指導を終え、いよいよ出発。

民間救急車には看護師さんも同乗してもらい、東京まで来てもらうことに。
そして、いよいよ出発・・・。

もう最後になるかもしれない、生まれ育った町。
最後にじいちゃんが伊勢エビ漁をしてきた海を見せてあげたくて、民間救急車の方にお願いして、海を見に廻ってもらいました。

主人 「おやじ、海だぞ!わかるか?」しばらく、海を眺めさせてあげ、

主人 「おやじ、もういいか?」の問いかけに、じいちゃんは軽くうなづいたようです。

そして、出発。
民間救急車にはじいちゃん、ばあちゃん、主人の妹さん、看護師さん、運転手の方。
主人と弟さんは車で、後ろから・・・・。

海ほたるで、一時休憩。看護師さんがついているので、移動の間は何の心配もありませんでした。

それよりも、もう来る!と思うと、ソワソワソワソワと落ち着かない私が・・・・。




posted by ほのの at 23:43| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほののさん お帰りなさい♪

お疲れ様といった方がいいようですね!
法要は、地域によってずいぶんちがうようですね!

来年 義母の法要があるんですが、仏壇は介護拒否で、なかば絶縁状態の義兄のところで・・・主人は行かない!と言ってます お墓参りだけはいくつもりですが・・・・
1週間に3回も抜かれたんですか・・・・・
>「おしっこの袋を提げていることが恥ずかしい」と抜いたり・・・・。
その気持ちも解るようにも思いますが・・
感染症が怖いですよね! ぽち!です。
Posted by うさぎ at 2009年06月30日 00:39
うさぎさ〜ん

おはようございま〜す♪
今日は体もちょっと楽になりましたぁ〜♪
抜いちゃう事件?は、我が家は尿道のカテーテルだからいいもの?イロウは危なくないですか?
抜いた後、傷口が化膿したりしないか心配ですが・・・・。
Posted by ほのの at 2009年06月30日 10:15
胃ろうの前に、鼻チューブしてたんですが・・・・
1日に何回も抜いてました(入院中)
付き添い私が一人でしてたもんで、抜いたら
先生呼んでいれてもらうんですが・・・・  
「御飯 食べるから やめて!」と悲痛な叫び
・・その後必ず。。。「あんたが いらんこというからや!」と怒り出し、暫く口も聞いてくれませんでした。。実母だったら言い返すけど、さすが
毎日になると凹みました。
Posted by うさぎ at 2009年06月30日 10:56
うさぎさん、いやぁ〜大変でしたね。私だったら耐えられただろうか?わかりません。
義母に強い口調で言われると、ほんと悲しくなります。
義母ならまだしも、うさぎさんは今義妹さんを看てあげてるのには、ほんとうに頭が下がります。
だけど、一度へこむとなかなか立ち直れなかったりしますが・・・・。
Posted by ほのの at 2009年06月30日 11:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。