2009年10月25日

頑張ることを、あきらめました

久しぶりの書き込みです〜るんるん

ばあちゃんは、まだ義妹さんにお願いしています。

お陰さまで、私の体調は今はばっちりです手(チョキ)

ご心配おかけしましたm(__)m


実は先々週(17日)の土曜、日曜で主人と群馬県の温泉に行ってきましたいい気分(温泉)いい気分(温泉)

主人と2人というより、介護経験のある人、

現在在宅介護中でその日はショートにお願いしてきた人、

遠距離介護の人など、介護経験のある方々16名でのんびりしてきました。


そこで、私の今の悩みを話したことろ、

「おじいちゃんを自宅で看とって、おばあちゃんだって認知症がよくなってきて、ここまでがんばったんだからもうがんばりなさんな」と。

なので、頑張ることを諦めましたかわいい

簡単に決めた訳ではなく、ず〜っと悩んで悩んで悩んだ末の結論です。


介護のスタート当初は、勢いと4年前の若さ?で義父母を引き取ると決め、

働きながらできる介護を一から探し、まずデイを見つけ、

ケアマネを探し、訪問医を見つけ、訪問看護、

ヘルパーさんのお願いする事業所を決めてから、

ケアマネとのやり取りでどうにかスタートすることができました。


義母は今より認知がひどく、うつもあったのでほんとしんどかったけど、

そんな事も言ってる暇もなく、ひたすら頑張りましたかわいいかわいい

でもその頃は楽しかったです。ほんと楽しかったでするんるんるんるん

すっごく忙しかったけど。


寝たきりの義父を看るには、年金が国民年金だけでとても施設は無理。

義母と二人分足しても無理な状況でした。


その頃は、我が家の長女も私立高校。

次女の高校受験に向けての塾代。

お金がほんとかかりましたたらーっ(汗)たらーっ(汗)


義父母を引き取る時には、

義父母の貯金もほとんどなく我々の持ち出しの月ばかりでしたあせあせ(飛び散る汗)


私は義父母を引き取る時から、

仕事をしていたので仕事をしながらでもできる介護を考えやってきましたが、

私が朝7時半に出る事で「遅刻はできない」あせあせ(飛び散る汗)

「寝坊は絶対だめ」あせあせ(飛び散る汗)

「じいちゃんのおむつ替え、除圧、イロウ、デイの支度、子供たちの弁当、支度・・」

これらがストレスになっていたことは間違いないです。

でも、義父が亡くなるまでの1年7ヵ月はほんと私はにこやかでした。

不思議ですが・・・。


でも、義母の正気な時の反抗、義妹さんの心ない言葉。(これは介護の前から)


この反抗態度と言うと、すごく義母が悪者のように聞こえると思いますが、

これは私や主人に言われることがイヤなため、無言の反抗をします。


私たち夫婦から、義母を怒ったり怒鳴ったりしたことは一度もありません。

嫌な思いをしなような言い方をいつも心がけてきました。


でも元々気の強い義母は言われるのがイヤなのです(決して無茶など言ってないんですけど・・・)


その様子見れば私は、より言葉を選び義母がイヤな思いにならないよう

より気を使っていると、言葉がだんだんでなくなってきました。


そして笑顔が減ってきた自分を感じ、

これはもう考えないと・・・と思うようになったんですたらーっ(汗)


でも義母には、施設ではなく家に居させてあげたいと思う気持ちもある

し・・。自分への罪悪感、心の狭さで自分を責める毎日でした。


義妹さんの心ない言葉が夫婦喧嘩のきっかけになったり、

いつも私の涙の訳は義妹さんが原因のことが多かったもうやだ〜(悲しい顔)


介護は介護する親のことだけでの心労だけではなく、

それを取り巻く人の心ない言葉、どれほど傷つき、

家、夫婦をもめさせる原因になることか。

ほんと大きいです。

(認知の方の介護はほんと大変だと思います)

でも、とても勉強になりました。


義父母の介護の準備を本格的に始めてから4年3ヵ月、

子供たちにとってもどれだけ勉強をさせてもらったことか。

生きた道徳を学ばせてもらいました。


そして家での「おくりびと」

これはすごい経験をさせてもらいましたでした。

今まで大変だったけど、今はいい思い出ですよぉ〜。


でも・・・・・・

施設にまだ申請していませんたらーっ(汗)

なぜなら・・・義妹さんの承諾をまだ取れてないのです。

特養はとりあえず2、3年待ち覚悟で申請し、

老健は2、3ヶ月で入れそうなので、来月には申請をと思っています。


今は、毎日朝7時半に出勤しています。

主人もいますが、来年から次女が専門学校へ・・・・

やっぱり学費はかかりますわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


なのでこの忙しい日々にまた義母を巻き込むのもかわいそうで・・。


色々色々色々色々考えました。


でも、頑張りすぎて私が体調壊してしまうと、

子供や主人が大変になってしまうので・・・・・。

頑張ることを諦めました。


でも、12月にはまた少しばあちゃんは帰ってきますよるんるんるんるん
posted by ほのの at 23:43| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
温泉羨まし〜い 行きたいなぁ

私が勝手にお義父母様の代理をし
ほののさんには【特別感謝状】を差し上げます
出来ないですよ ホント 感心します
物凄く頑張った!と思います

家も何か申請すると姉や弟に言うと
必ず1度は反対します・・・一緒に住んでいないとわからない事一杯あるのにね




Posted by まろっち at 2009年10月26日 00:16
まろっちさ〜ん、こんばんは♪

ありがとうございます。
まろっちさんのところも今大変で、頑張ってる〜♪って思いながら、私も〜って思うんだけど、じいちゃんの時に頑張りすぎたようです。
まろっちさんの【特別感謝状】、ありがとうございますm(__)m
うれしいです♪♪♪
まろっちさんも、休めるときには休んでくださいね。今年は大変な一年でしたから・・・・。
いつも、ありがとうございますm(__)m
Posted by ほのの at 2009年10月26日 00:21
ほののさん こんばんは。

私は お仕事しながらの介護をいつも明るく 周りの方たちへの感謝の気持ちを忘れずに介護なさってるほののさんを、心から尊敬しています!
おじいちゃんを立派に看取られ ここまで頑張ってこられた事奇跡のように思います!
肉体的な介護のお世話は時間と共に身体は回復しますが、義妹さんからの心ない言葉はそれ以上辛く そして いつまでも心に突き刺さったままです!
もう、十分頑張ってこられたと思います!!
今まで頑張られてきた事は、ほののさんの誇れる勲章であり財産になっていると私は確信してます。 おばあちゃんが傍らにいなくても 心の介護は続けられると思うし・・・今まで以上に優しく見守ってあげれるんじゃないかと。
もう少し介護は続くようですが 無理されないでくださいね!
いつも応援しています。
Posted by うさぎ at 2009年10月26日 01:02
うさぎさ〜ん、おはようございます♪

ありがとうございますm(__)m
私こそ、うさぎさんを人間的にも尊敬していますm(__)m
それに大変な介護を長くされてきたこと・・・・・。よっぽどの精神力がないとできないことだと思っています。
そのうさぎさんに、こんなに励ましてもらえてほんとうれしいかぎりです♪♪♪
これからもよろしくお願いしますm(__)m
Posted by ほのの at 2009年10月26日 06:09
ほののさん、お疲れ様です。
お義母さまを施設にという決断をされたのですね。
お義父を立派に見送られたのですし、お義母さまにも精一杯されてきて、もう充分だと思いますよ。
最初から何もしない家族も多いと聞く中で、ほんとうに頑張られたと思います。
これからは自分自身と家族のために時間を使ってください。
私も義父を施設にという決断するまでにだいぶ悩みましたが、特養の申し込みをしてから少し肩の荷がおりました。
でも義母との距離を置かないと精神的に参っている状況ではありますが、少しずつ進めています。
Posted by すずね at 2009年10月26日 10:23
ほののさん、ちょっとご無沙汰していました。

うさぎさんが書いておられるように、私も、いつも明るく前向きな気持ちで、仕事も家事も介護も子育ても、と1人で何役もこなしているほののさんを尊敬しています。

頑張ることを諦めるのではなく、ほののさんはもう十分過ぎる、沢山のおつりがくるくらい頑張ったので、これからは違う役目を果たす、ということなんだと思います。
介護も終わりではないので、無理をせずに出来ることをやっていきましょう♪
Posted by 翡翠 at 2009年10月26日 11:57
ほののさん、こんばんは。
更新されないからどうされたのかなぁ〜って思ってました。
温泉でゆっくり出来ましたか。
介護経験者の方へ相談も出来て少し楽になられた?ならいいなっって思います。
ほののさんは子育て、、介護、、と頑張っておられます。
いつも素晴しいと思っています。
お義母様を施設に預けられる、、そんな時期が来たのだと思います。
私だって、そんな時が来たらお願いしたいと思っています。
ほののさんの優しい気持ちが伝わっていると思います。

ブロ友の記事に

”介護は30%の力で
70%は自分の人生を生きること”

とありました。
その通りだと思いました。

ゆっくり頑張りましょうね。
Posted by yesdlb at 2009年10月26日 23:26
昨日からずっと、ほののさんの文章を何度も読んでいて、
何て言っていいんだろうって、言葉がみつからなくて。
「頑張ることをあきらめる」って言葉に
もしかしたら、ほののさんは自分自身を攻めているんじゃないか?とか。
私は、舅姑との介護同居が始まって、まだ1年半です。
子供は高1で、これから学費はかかるし、住宅ローンはあるし。
働かないと生活できない、この状況。
狭い3LDKのマンションに舅姑。
ホント気がおかしくなる時があります。
ほののさんはこの何倍ものご苦労をされてきたのかと思うと
尊敬以外ありません。
特養は決して親を捨てる選択じゃないと思います。
お互いが、いい距離感で、これからの人生を送る。
そういう選択肢なのではないでしょうか?
だから、決して、自分を責めたり、後ろめたさを持ったりしないで下さい。
ほののさん、優しいから心配です。
Posted by emiri at 2009年10月28日 12:39
こんにちは^^

ほののさん、これでいいんですよ^^
今までよく頑張ってこられたと思います!
介護に絶対はないと思ってます。
ダンナさん、子供さん達の今後も考えての選択は間違ってないですよ^^
子供さんにとってお母さんの笑顔って大切だと思います。
介護職を経験した中で感じてたことは、家庭、家族が壊れてしまわないために施設はあるんだってこと。職員は家族と入居者の方の気持ちの架け橋にもなります^^
自分の気持ちに余裕がでてくると、今まで以上に優しい気持ちにもなれますしね!
施設の空きを探すのも大変でしょうけど、体調崩さないように過ごしてくださいね^^v
Posted by ようこうママ at 2009年10月30日 11:55
すずねさん、こんばんは♪

ありがとうございますm(__)m
何だか今も時々、心苦しく思うこともありますが、私が倒れてはそれこそ大変だということを思うと、決断の時だと思っています。
まだ、義妹さんには了承してもらってはいないので、先に進めないんですが・・・・(^^;
でも、決めただけでも気持ちはほんと楽になりました。
笑顔も戻ってきましたよ♪
ぼちぼち、色々なことを進めていきたいと思います。
すずねさんもあまり無理しないでくださいね。
すずねさんもいつも一生懸命頑張るから・・・
私も人のこと言えないのにね・・・(^^;
また、お邪魔しますからね♪♪♪


翡翠さん、こんばんは♪

ありがとうございますm(__)m
とても心強いお言葉ありがとうございます。
決めてからはとても気持ちが楽になりました。でも、義妹さんの了解を得れてないので先にはまだ進めてないんですが・・・・(^^;
でも、少しづつ準備を整えていこうと思います。まだしばらく、義母は義妹さんにお願いするつもりです。
今は、とても心が軽いです♪
いつもほんとうに、ありがとうございますm(__)m


Posted by ほのの at 2009年10月30日 18:01
yesdlb さん、こんばんは♪

いつもありがとうございますm(__)m

>”介護は30%の力で
  70%は自分の人生を生きること”

↑↑ すごく気持ちが楽になりました。
心穏やかにいられるパーセンテージだと思いました。
でも、頑張りすぎてしまう自分がいたり・・・・。
頑張らなきゃいけない状況だったり・・・と、色々な理由で自分のことが後回しになっていました。
でも、決断してからは大分楽になって、普通にしててもちゃんと笑顔もでるようになりましたよぉ〜♪♪
これからは、少しづつ進めていこうと思います。
また、お邪魔しますからねぇ〜♪♪
いつも、ありがとうございますm(__)m




emiriさん、こんばんは♪

いつもありがとうございますm(__)m

>自分自身を攻めているんじゃないか?
emiriさん、スルドイ!
その通りなんです・・・(^^;

>親を捨てる選択じゃないと思います。
お互いが、いい距離感で、これからの人生を送る。
今、その気持にやっとなれた感じです。
まだ、義妹さんの承諾をもらえてないので、なかなか前に進めないんですが、できることから少しづつ進めていきたいと思います。
実は実は、emiriさんの、船出に私大喜びでおりました♪♪♪
やっぱり出会うべきところが、ちゃんと待っててくれたんですよね♪♪♪
働きながらは大変だけど、気持ちの切り替えができて私もよかった思うので、emiriさんも頑張ってね。
いつも、応援してま〜す♪
いつも、ありがとうございますm(__)m




ようこうママ、こんばんは♪

いつも、ありがとうございますm(__)m

>子供さんにとってお母さんの笑顔って大切
ほんとすごく思いました(^^;
今はやっと、心からの笑顔がでるようになりしたよぉ〜♪

>家庭、家族が壊れてしまわないために施設はあるんだってこと
ほんとそう思いました。
きっと、いい距離がお互いにとってもいいんだと思います。
まだ、義妹さんには承諾がとれてないんだけど、少しづつ進めていきたいと思ってます。

土いじりをするのが好きな義母だったので、ようこうママのブログにお邪魔すると、自宅に小さくても庭や畑でもあればどんなにいいかなぁ〜なんて、思ってました。
でも、マンションで強風が吹くベランダでは、花を育てるのも大変で・・・・。
そんな土いじりができるいい老健の施設にはいれるといいんですが・・・
これから、ボチボチ進めていきます♪♪
いつも、ありがとうございますm(__)m




Posted by ほのの at 2009年10月30日 18:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。