2009年11月12日

日本ホスピス緩和ケア協会理事長 山崎先生との出会い♪

今日は仕事から帰宅後ゆっくり夕食の準備をし、

7時には末っ子長男と高校3年の次女と3人でのんびり夕食を摂っていました。

「何だか、じいちゃんがいる時にはこんなゆったりと食事できなかったね・・・」

「もうバタバタだったけど、でも何だかよかったよねぇ〜」ってるんるん

今はすべてがいい思い出ですかわいいかわいい


この介護のスタートを切るきっかけを今日は書き綴りたいと思います。



じいちゃんがまだ千葉の病院に入院中、

私が働きながらできる介護を模索するも、

当時はデイサービスが何かも分からないし、

ケアマネが何をする人かも知らないという中でのスタートだったので、

仕事を終えて夜はほんとパソコンとにらめっこでした目目


働きながら・・・ということを続けるには、

受け入れてくれるデイがあるかどうかということがネックになりましたふらふらふらふら

イロウをしている人のデイを受けてくれるところがなかなかなくて、

子供たちが阿波踊りでお世話になった知人のところに相談に行くことにしました。

そこで、突破口が・・・・ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

その知人が・・

「山崎先生が、小平にケアタウンを設立したばかりだから聞いてみれば・・・」と。

早速、調べてすぐに連絡手(チョキ)

山崎先生との出会いから、働きながらの在宅介護も可能に・・ハートたち(複数ハート)

その山崎先生のご紹介をさせていただきますねかわいいかわいい

というより下記「ホスピスケアの部屋」をみていただくと、説明はいらないくらいです。

でも、この文章はちょうど4年前、

クリニックを開設した半年後の文章となります。

ホスピス医から在宅医へ。よかったら読んでみてくださいねかわいいかわいい

↓↓
http://www.yuki-enishi.com/hospice/hospice-03.html

まさにナースステーションが少し離れたところにあり、

24時間連絡が取れることの安心感の中での在宅でしたかわいいかわいい

また、綴りま〜するんるんるんるん
posted by ほのの at 22:06| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます、ほののさん。
そうなんですよね、病院…
 母は現在も入院しています、昨日見舞いに行き、すこぶる元気でした←身体的には(10割食べ、その後排便も有りで。現在はおむつ使用です)頭も確りしていて…◯ちゃんは今、身体の調子が悪いから早く元気になったら、「家」に帰ろなと言うと、「早よ治しや、かまへん、さかい」と言って、「手」ぎゅっと握り締めていました…。必死にこちらの希望の病院を探し、今の病院に受け入れてもらって、それなりに?イヤ、よく見て頂いている様です、話しかけも多くして下さっているのか、「頭」のクリアさで、分かります…こんなに良い病院でも、後2ヶ月経てば変わらなくてはいけないのですが…一応この病院の紹介で、同等待遇の病院は見つけていますが…と現在はこんな感じです。まだ私の、握力が今イチなのが気がかりです、介護には精神力も然る事ながら、体力が一番、必要ですものね
ほののさんも、私の様に壊してしまったら、回復に時間が係るので、壊れる前に、休養を!では、忙しい中、いつも、ご訪問ありがとうございます。
Posted by aokitukiyo at 2009年11月13日 07:35
素晴らしい先生に出会えて良かったですね。
実家の父が、末期のすい癌で3年前に他界したんです。
在宅看護だったんですけど、
毎日、病院から看護師さんが点滴に通ってくださり、
心強かったです。
ただ、時期が迫った時に、その怖さから入院をさせて頂きました。
そのことが、ずっと私の心の中に後悔のような気持ちで残っています。
この山崎先生のような方が傍に居てくれたら、
自宅で逝かせてあげられたのかも知れないんですが。
出会いって大切ですね。
きっと、ほののさんの人徳なのですよ。

Posted by emiri at 2009年11月13日 08:03
改めて 仕事しながらの介護の大変さ、それをやってのけた、ほののさんに拍手です!
そして、立派な先生との出会い 良かったですね♪
子供さんと のんびり過ごせる事・・これも ほののさんに与えられた 頑張りのプレゼントのようです(^-^*)
今度記載のURLにゆっくりお邪魔します。
今日はとても寒いです 風邪などひかれないようになさってくださいね。
Posted by うさぎ at 2009年11月13日 17:48
aokitukiyoさ〜ん、おはようございます♪

いつも、ありがとうございます。
ブログでは、ご主人との愛情を食事の様子から感じ、「いいご夫婦だなぁ〜♪」なんて思いながら読ませてもらってますm(__)m
>介護には精神力も然る事ながら、体力が一番
ほんとうに、私もそう思います。
まだまだ子供が小さいので(もう小3ですが・・)元気なお母さんでいなくてはいけない!と思うと、今回の「あきらめる」ことを選ぶしかなかったです。
まだ、施設が決まったわけではないので、義母にはまた戻ってきてもらうのですが、今はゆっくりさせてもらおうと思っています。
また、お邪魔しますねぇ〜♪
ありがとうございますm(__)m


emiriさ〜ん、おはようございます♪

仕事は少し慣れましたか?体はきついけど精神的にちょっとラクかな?義父母がまだ動ける間は働いていたほうがいいいいような感じしないですか?
仕事で義父母に手が回らない部分があると、かえって申し訳なさが一番にあるので、こちらの気持ちが穏やかでいられたように思います。
>怖さから入院
ほんと怖さはありました。でも先生から「いつでも連絡ください」という言葉があったからこそ安心して家で看られたと思います。
確かに在宅医がどのような方かによって、安心して介護を続けられるかどうか違うんでしょうかね。
いつもありがとうございますm(__)m


うさぎさ〜ん、おはようございます♪

この山崎先生は在宅介護を支える壮大な夢と希望を持ってあられ、全国にこのようなトータル的な施設ができると、安心して在宅介護が続けられる方が多くなるんだろうと思いながら、我が家は気持ちを支えてもらいながら、介護も支えていただきました。
ぜひ、読んでみてくださいね♪
いつもありがとうございますm(__)m

Posted by ほのの at 2009年11月14日 08:22
ほののさん、こんばんは〜!

ばあちゃん、元気そうで良かったです^^義妹さんも大変さをだいぶわかったんじゃないかな?
離れて生活している人は、たまに会うから優しく接することができるけど、毎日顔を合わせる家族は、いつも優しく接することって難しい><
今、私はひいばあちゃん発言に悩みっぱなしで…毎日葛藤してますぅ;;

ほののさんはじいちゃんの時、ほんと素晴らしい先生と出会ったんですね!!
在宅での老老介護も多くなっている今、こういう考え方、場所も多く必要なんだろうなって思いました!
この先生を教えてくれた知人さんにも感謝でしたね!!
Posted by ようこうママ at 2009年11月16日 20:19
ようこうママ、こんばんは♪

そうなんです、山崎先生との出会いはほんと大きな出会いの一つでした。
今月末には遺族会があり、残された家族のことも考えてくださってます。
ありがたいです。

ようこうママも、日々色々と心の葛藤あるんですね。
とても感じさせないし、うまくスルーさせているように思い、ブログにお邪魔していてもとても心穏やかに読ませてもらってますm(__)m
やっぱり、子供の存在かな♪
Posted by ほのの at 2009年11月17日 19:35
私はあなたについてのこの記事を書くに入れてすべての努力に感謝 働きながら・子育てしながら・家事をしながらの義父母の在宅介護(要介護5・要介護3) . 私は私のクライアントのいくつかはそれは面白いかもしれないと思うように私は私のウェブサイトにあなたのブログにバックリンクバックを投稿します。
Posted by website design vancouver at 2012年02月23日 09:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。