2010年02月11日

介護アルバム 4・5ページ目

本日、デイのスタッフの方のピース写真手(チョキ)

デイが終わり、その後のお掃除の時にお邪魔したので、

スタッフ全員の写真は撮れなかったのですが、みんな明るい方ばかり・・・・かわいいかわいい






この写真は、よくばあちゃんが座っていた席わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

みんな一緒に何かするときは大きなテーブルに集まるんですが、

お気に入りの席でもありましたるんるんるんるん

東京なのに、緑が多い場所です。かわいい


p5.jpg


要介護5のじいちゃん、要介護3のばあちゃんが、

一緒に行けるデイがなかなか見つからなかったけれど、

ケアタウン小平でやっと受け入れていただけることになった時には、

涙涙でしたもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)


重度の方々も受け入れていただけるには、

訪問医、訪問看護、デイ、ヘルパーさんが一つの建物に統合された、

施設だからこそできたんだと思います。


例えば、朝じいちゃんの調子が悪く、休む程ではないけど今ひとつの時、

デイで主治医に採血してもらったり、デイでの対応が可能であったことは大きかったです。

こういう施設が、沢山出来ると在宅介護家族にとっては、

安心できると思いました。



この介護アルバムは、じいちゃん、ばあちゃんを引き取ってから、じいちゃんが亡くなるまでの東京での様子をまとめたものです。
突然寝たきりになり、東京に来た義理の両親。
千葉の実家の近所の人、親戚の人、知人友人には、東京に行っている間の介護の様子は全く想像がつかず、一般的に暗い、寂しいイメージの介護。
でも、東京では沢山の方々にお世話になりながら、明るく、過ごせたよ♪
寂しい思いはしなかったよ♪と、いう事が分かれば安心してもらうるかな?と思い作成しました。
これは、お通夜(東京)、四十九日(千葉)の時に見ていただき、みなさん安心していただきました♪

posted by ほのの at 08:31| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほののさん おはようございます♪

素敵なデイに巡り逢えたんですね。

こんな風に思い出を残され、親戚や知り合のかたに
見ていただく・・・・ほののさんの気持ちの優しさに感激します!

介護家族を抱える私達には、本当に理想的な施設ですね。
Posted by うさぎ at 2010年02月14日 06:39
うさぎさん、おはようございます♪

時々、思い出してはアルバムを家族で見ます。
みんな「あの頃、ほんときつかったよね〜♪」と笑いながらいい思い出話が・・・・。

でもうさぎさんは、介護年数が長いだけに人の3倍4倍、大変だと思います。
義妹さんのこれからも大変だと思いますが、うさぎさんのことだから、きっちり!成し遂げられると思います。
応援してますm(__)m
いつも、気にかけていただきありがとうございますm(__)m
Posted by ほのの at 2010年02月14日 08:27
ほののさん、おはようございます。
要介護5、3で受け入れてくださるデイって有難いですね。
うちね、バァさんが歩けなくなって
マンションの階段をデイのスタッフの方が
おんぶで上がり下りして下さるのを見るにつけ
どの介護度まで預かって下さるんだろう?って
不安でなりません。
うちもジィさんが居るので、二人一緒にっていうのが助かりますよね。
拝見していると、とても落ち着いた綺麗な施設ですね。
きっとお義父さま、お義母さまは楽しい時間を過ごされたことでしょう。
Posted by emiri at 2010年02月14日 10:06
emiriさん、こんにちは♪

元気そうでうれしいです♪
そうなんですよね、2人一緒の介護の場合は同じ施設じゃないとほんと困りますよね。

親はますます動けなくなり、介護が大変になりますが、まずは我々が元気でなければ・・・・。
話の続き楽しみにしてま〜す♪
Posted by ほのの at 2010年02月14日 12:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。