2009年11月12日

日本ホスピス緩和ケア協会理事長 山崎先生との出会い♪

今日は仕事から帰宅後ゆっくり夕食の準備をし、

7時には末っ子長男と高校3年の次女と3人でのんびり夕食を摂っていました。

「何だか、じいちゃんがいる時にはこんなゆったりと食事できなかったね・・・」

「もうバタバタだったけど、でも何だかよかったよねぇ〜」ってるんるん

今はすべてがいい思い出ですかわいいかわいい


この介護のスタートを切るきっかけを今日は書き綴りたいと思います。



じいちゃんがまだ千葉の病院に入院中、

私が働きながらできる介護を模索するも、

当時はデイサービスが何かも分からないし、

ケアマネが何をする人かも知らないという中でのスタートだったので、

仕事を終えて夜はほんとパソコンとにらめっこでした目目


働きながら・・・ということを続けるには、

受け入れてくれるデイがあるかどうかということがネックになりましたふらふらふらふら

イロウをしている人のデイを受けてくれるところがなかなかなくて、

子供たちが阿波踊りでお世話になった知人のところに相談に行くことにしました。

そこで、突破口が・・・・ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

その知人が・・

「山崎先生が、小平にケアタウンを設立したばかりだから聞いてみれば・・・」と。

早速、調べてすぐに連絡手(チョキ)

山崎先生との出会いから、働きながらの在宅介護も可能に・・ハートたち(複数ハート)

その山崎先生のご紹介をさせていただきますねかわいいかわいい

というより下記「ホスピスケアの部屋」をみていただくと、説明はいらないくらいです。

でも、この文章はちょうど4年前、

クリニックを開設した半年後の文章となります。

ホスピス医から在宅医へ。よかったら読んでみてくださいねかわいいかわいい

↓↓
http://www.yuki-enishi.com/hospice/hospice-03.html

まさにナースステーションが少し離れたところにあり、

24時間連絡が取れることの安心感の中での在宅でしたかわいいかわいい

また、綴りま〜するんるんるんるん
posted by ほのの at 22:06| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

元気かなぁ〜

ばあちゃんは、元気にやっているようでするんるんるんるん

義妹さんも大変そうですが、頑張ってくれています。

感謝ですわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

ありがとうかわいいかわいい

そして、ごめんさいもうやだ〜(悲しい顔)


まだまだ、後ろめたさが残ります。というよりずっと残るのかな?


いやいや、毎朝の慌ただしい中にばあちゃんをまた、

引きずり込んではばあちゃんもかわいそうー(長音記号2)ー(長音記号2)

そう思うとちょっと気持ちがラクになるかわいい


義妹さんは、今必死だと思います。

何せ、夏のお墓参りの時に我々夫婦に、

「親を看てやってるとでも思っているんでしょ!」

とすごい血相で放った言葉もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

今回は自分から弱音ははけないのだと思います。


義妹さんもばあちゃんもとても自分勝手なところがあり、

二人が言い争いになると、大変な状況になります。


ある時、言い争いになりばあちゃんが目の前にあったハサミを義妹さん

に振りかざし、義妹さんがばあちゃんを叩き倒すということもあったくらいがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)


もともと、じいちゃん子だった義妹さんはばあちゃんとの相性が今一つ。

なので、近所の人からも

「1週間が限度だよ」と言われ、

今回もとても気にはなるんですが、どうにかがんばってくれています。

離れていても、電話もし様子を聞いたりしながら話をしますかわいいかわいい


でも、体重が5キロ太ったようあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

食事の管理ができないようです。

でも、しょうがない、そばに居るわけではないので・・・・。
posted by ほのの at 21:15| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

硬縮がゆるみ、介護がラクに♪

毎日仕事で朝7時半に出るのに、バタバタの毎日ですわーい(嬉しい顔)

でも、じいちゃん、ばあちゃんのお世話はないので、

何だか朝からコーヒーを落とし、清々しい一日のスタートでするんるんるんるん

なので、以前のことを少しづつ書き残したと思います。


*************************************
働きながら、子育てしながら、家事をしながらできた介護・・・パート14
  
どこまで書きためたか、振り返ればいいのですが・・・・・

面倒なので、思いつきで書きためたいと思いますあせあせ(飛び散る汗)


在宅を初めてからどれくらいでしょうか?

じいちゃんの硬縮(こうしゅく)がだんだんひどくなり

足も曲がらず、腰も伸びて車いすにもすわれない状態の頃がありました。

車いすに座れないということは、デイには行けなくなるということあせあせ(飛び散る汗)

そうすると、私が働けなくなり、収入が減るたらーっ(汗)

私が仕事を辞めたところで、

じいちゃんをお風呂に入れてあげることもできないし、

24時間3〜4時間ごとの体位移動を何回もし、

日に1〜2回の口腔ケア。

おむつ替えでお尻洗浄は毎日。


きっと首と腰のヘルニア持ちの私には無理!と思い、

今までのヘルパーさん、看護師さんにお願いしながらどうにか乗り切らねば〜ダッシュ(走り出すさま)


でも、デイに行けなくなると大変・・・・・がく〜(落胆した顔)

知り合いの接骨院の先生にお願いして、

訪問していただくことになりましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


その頃は、じいちゃんは自力で話すということができなかったんですが、

マッサージに来ていただいた日は、

言葉にならないかすかな声でしゃべろうとしてくれたんですかわいいかわいい

思うわずうれしくて、接骨院の先生の自宅に電話で報告したくらいるんるんるんるん

それからは、週に2回マッサージにきていただきました。


マッサージと言っても、曲げたり伸ばしたりするというわけでもなく、

リンパをマッサージしてくれていました。

なので1カ月くらいすると、硬縮が随分緩みましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


腕は両腕とも、胸のところでギューっと硬く硬縮があり、

指もギューっと握り絞めたままだったのが、

腕もおへその辺りまで緩み、手の指も少し緩んで、

指と指の間の「ふやけ」もなくなり、

着替えやおむつ替えが随分ラクなりましたかわいいかわいい


結果、車いすにも今まで以上に深く座ることができぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

デイにも引き続き行くことができましたかわいいかわいい


11.jpg

13.jpg

12.jpg

硬縮がひどくなっても、手を尽くせばこんなにも状態が良くなることを実感しました。

このマッサージはじいちゃんが亡くなる3週間前まで、

行うことができました。るんるん

接骨院の先生にはほんと感謝です。かわいいかわいい

ここの先生は、週2回訪問施術をしておられ、

やはり回復される方は多いようです。


今思えば、働くことを継続させたいがゆえ、

知恵を振り絞った結果だったように思います。

とても、いい経験ができましたるんるん


最後まで、お読みいただきありがとうございましたかわいいかわいいかわいい

posted by ほのの at 00:48| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。